福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


Posts Tagged ‘天神南’

福岡大学から20歩。

2010.07.05
こんにちは。
ゼミの中でしっかり仲間に入れているジェニーです。

今回は、アンケート結果の検証です。
この日までに院生と一年生が、アンケートをとり、
集計まで行っていました。すばらしいですね。

この結果を検証していきます。
アンケートの対象は、福大生です。社会デザイン工学科と
スポーツ科学部の学生さんたちに協力していただきました。

通学で天神ー天神南間を歩いている人は
全体の約22パーセントでした。

また、消費カロリーを何に換算してほしいですか、という質問には
ほぼ50パーセントの人が「おにぎり」と答えていました。

そのような結果をもとに、計測した結果と照らし合わせ
情報提供の内容について話し合いました。

天神ー天神南間の往復で約50キロカロリー消費します。
このままでは少なく、おにぎり一個分にもならないので、
1ヶ月で換算することになりました。

週6回以上では、1200キロカロリーで
おにぎり7.5個分。ラーメンでは2.4杯分。
アイスクリームでは8.3個分です。

こうやって見てみると、毎日往復している人は
週に一回、ご褒美でアイスクリームを食べても
その分はちゃんとカロリーを消費していることになりますね!

今回で、調査や集計、検証は終了!
次回は発表用のレジュメ作りです。

福岡大学から16歩。

2010/06/11

こんにちは。
はりきって計測を行なってまいりましたジェニーです。

いよいよやってまいりました天神―天神南間の計測です!

「天神駅から天神南駅ってどうしてこんなに歩かないといけないの?」
そんなふうに思っているあなたに、
「乗換え楽しい!」「まぁ、歩いてもいっか」
と思ってもらえるように立ち上がった5人の戦士!
(福大1年生2人、院生2人、ジェニー)

時間や消費カロリーを調査するべく、
何度も天神―天神南間を行ったり来たり・・・

頑張りました!!!

金曜日の午後3時。天神南駅に集合しました。
まずは地下街の地図の前で階段調査の下調べです。
手分けして実際に階段を上り下りし、段数を調べました。

その後、天神南駅に集合し、計測のための作戦会議。
そしていざ、計測開始です!ひたすら歩きました。

うん。頼もしいです!

3時間ほどかけて計測は終了。大変でした。
もう、みんなクタクタ・・・しっかりSUBWAY DIETです。

SUBWAY DIETジェニースタイルは、歩いたらおやつ!
なので、みんなでアイスを食べて計測の感想を話したり、
将来のことや、学校のことについて話したりしました。

福岡大学から15歩。

2010/06/07

こんにちは。
前回は出席できずにもやもやしていたジェニーです。

一年生たちもすっかりなれてきた様子の5回目の授業。
6月11日の天神―天神南間の計測に備えて、
内容や方法をしっかり考えていきました。

以下、計測内容と方法です。

***************

1、地下街から地上への階段の段数の調査
実際に階段を上り下りして、数える。
一緒に手すりや踊り場の有無を調べる。

2、ルートによる速度の調査
歩数、カロリー、かかった時間を調べる。
実際に歩いて、計測する。

3、履物による違いの調査
ヒールとスニーカーで、かかる時間や歩数の違いを調べる。
また、急いだときとゆっくり歩いたときの違いも調べる。
実際に歩いて、計測する。

4、キャリーバッグをひいたときの時間の調査
重さの違う2種類のキャリーバッグで調べる。
実際に歩いて、計測する。

***************

最初は眠いと言っていた一年生。
院生がうまく進めてくれて、楽しい雰囲気で進みました。
でも、考えるときは、真剣です。

わからないことはネットで調べたり。

さてさて、計測は11日!ジェニーも一緒に頑張ってきます!

福岡大学から12歩。

こんにちは。
初夏の新緑がまぶしい季節になりました。
季節を感じるSUBWAY DIETを日々楽しんでいるジェニーです。

さて、第2回目の福大ゼミ。
今回は、まず新一年生に対して昨年の取り組みの詳しい説明をしました。
そして、今年の取り組みについての説明です。

昨年作成した地図を見ながら、
ゼミの流れや実際にどういうことを行なったのか説明をしていきました。
院生が説明をし、一年生は真剣に聞いています。
なかなか興味を持ってもらえている様子でした。

今年の取り組みは、この地図の検証と、
地下鉄天神駅―天神南駅の研究です。

地図の検証については、どう検証していくか、
方法を考えてくるのが宿題になりました。

地下鉄天神駅―天神南駅の研究は、
空港線と七隈線の乗り換えの場合、地下街を通らなくてはいけないので、
遠くて不便であることを、SUBWAY DIETの観点から、
どのようにメリットとして考えていくかということです。

運動量の測定や、乗り換えや地下街の有益な情報を
収集していく予定です。
この詳しい内容を考えてくることも宿題となりました。

最後に、質問や意見があれば、ということで先生が促したところ、
「地下街には女性向けの店舗が多い」という意見や、
「運動量を計測するのはおもしろそう」という意見などが出てきました。
(院生はしっかりとメモ。ジェニー感服です!!)

興味を持ってもらえていて、積極的なので、
これからたくさん意見を取り入れて、学生さんならではの視点で
おもしろい研究ができればと思っています。

ジェニーも頑張るぞ!!