福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


福岡大学から10歩。

こんにちは。
今回が最後の福大ゼミ参加で
ちょっぴりセンチメンタルなジェニーです。

最後ということで、今回はゼミの成果の発表です。

私たちのSUBWAY DIET班を含め、全4班の発表がありました。
・道路舗装について
・エネルギー資源について
・石膏について
・SUBWAY DIETについて

どれも、なじみが無く、知らない世界だけれど、
私たちが快適に暮らしていくために必要なことばかりです。
専門家の存在ってすごいなって思いました。

そして、みなさん1年生なのに、レジュメやパワーポイントで
うまくまとめて発表をしていたので感心しました。

もちろん、SUBWAY DIET班も他の班に負けてはいません!

ここからは、SUBWAY DIET班ゼミ発表レポートです。
1年生3名がパワーポイントを使って発表をしました。

**********

【発表の流れ】
1、はじめに
サブウェイダイエットの説明を行い、
そこからアンケート、地図の作成を行ったことを説明。

2、調査・研究概要
アンケートの実施・実地調査
地図を作成するにあたって、アンケートを実施。内容の簡単な説明。
アンケート結果より、調査範囲を限定し実際に歩いて調査を行った。

3、調査結果及び地図の作成方法
アンケート結果・地図作成にあたっての道の評価方法
10個のアンケート結果に関して、
円グラフを用いてわかりやすくビジュアル化。結果の説明。
道の平坦性、ダイエット効果、景観、歩きやすさ、
それぞれについての評価方法を説明。

4、地図の作成結果
それぞれ評価結果を落とし込んだ地図を順に表示。
写真も表示しながら、評価の基準もわかりやすく説明。

まとめおよび感想
福岡大学周辺は、坂が多く、住宅地では安全に通れる道が少ない。
歩道やガードレールの設置によって、駅まで歩く人が増えるのではないか。

【質疑応答】
Q,アンケートの回答者は主に誰ですか?
A,7~8割が福大生です。
→駅周辺の住民にアンケートをとったほうが、
よりよいアンケート結果が得られるのではないか。

Q,アンケート回答者の自宅から駅までの距離が、
駅まで歩ける距離に比例するのではないですか?
回答者の住んでいるところは分かるようになっているのですか?
A,アンケートに住んでいるところを記入するようになっています。
→その情報も地図上でエリア分けすることで、より詳しいことが分かるの

ではないか。

Q,道の平坦性について、歩きやすさを考えると、
点数の付け方は逆ではないでしょうか?
A,ダイエットが目的なので、このような点数の付け方にしています。
→いろいろな考え方や方向性があるが、今回はダイエットを優先。

**********

以上が発表内容です。素晴らしい発表でした。

実際に歩くのも、地図を作るのも大変でした。
でも、こうやってしっかり発表してもらえると、
大きな成果だなと思いました。

作成した地図は、地下鉄七隈線の
天神南駅に掲載していただける予定です。

一人でも多くの人に、この地図を見てもらって、
SUBWAY DIETのことを知ってもらえたらと思います。

ゼミの先生、院生、そして1年生のみなさま、
おつかれ様でした。ありがとうございました。

福岡大学から10歩。
今、ここから見えるのは、
ここまでしっかりついた9歩分の足跡と
多くの人につながるSUBWAY DIETの道。

この10歩で、ちょっぴり成長したジェニーでした。

Leave a response: