福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


東公園は古戦場後

IMG_0396IMG_0397
次のポイントに向かう前にちょっと寄り道して「松原水」へ。
松原水は、千代東公園の中にある大正天皇ゆかりの井戸です。
案内板を要約すると、明治初期の、まだ井戸水を利用していたころ
博多部の井戸は水質に恵まれず、そのため飲料水は当時の那珂郡千代部一帯の
現在の博多区千代付近に続く松林(千代松原)の砂地から汲む
井戸水を運んでまかなわれていたそうです。
人が住み始めて水質が悪化して使えなくなったため
福岡市主導で東公園のこの場所に井戸が掘られたとのこと。
松原水は甘露のような味で大変美味しかったそうです。

IMG_0399
ポイント②の十日恵比須神社に到着しました。
みなさんご存知の十日恵比須神社
福岡の事務所では猿田彦神社の猿面と並んで見かける率の多い
商売繁盛のえびす様と縁結びのだいこく様を祀る東公園のすぐ横の神社です。
手水舎は松原水と同じ地の井戸水を使用しているそうです。
毎年1月8日~11日に行われる「正月大祭」が有名で、
商売繁盛や家内安全の御利益を授かるために多くの参拝者が訪れます。
境内では空くじなしの福引が売られていて、福笹とともに縁起物などが当たります。
今年は例年とは異なり規模を大幅に縮小した開催ということで
残念ながら露店の出店や大祭期間中の福引きは中止となりましたが
1月末までは福笹なしの福引をされていて
大きな縁起物を持たれた方を見かけしました。

IMG_0400
次のポイントがある東公園の説明書きによれば
文永の役で元軍と激戦が展開された古戦場跡で
かつては博多湾に面する千代の松原として知られた名所であったそうです。
文永の役は元寇の1度目なので1274年
今では松原も無くて、目の前の公園からイメージするのはもう難しいですね。

IMG_0402IMG_0401

ポイント③は、この元寇にちなんで建立された「亀山上皇銅像」
福岡県指定文化財です。

説明書きによれば13世紀後半の元軍の来週の際に
敵国の降伏を祈願された故事を記念して
福岡県警務部長(現在の警察署長)だった湯地丈雄等の十七年有余の尽力により
明治三十七年、元寇ゆかりのこの地に建立されたとのことです。
衣冠束帯の直立像の高さは、およそ4.8メートルあって
東公園の小高い丘の上に海に向かって立っているので遠くからでも目立ちます。
みなさんも見かけたことがあるのでは?

IMG_0403
上まで登ってちょっと一息
後から訪ねる筥崎宮の山門にもある「敵国降伏」の文字があります。
東公園が一望できて、風も心地いいです。

IMG_0406IMG_0407

東公園の端にあるポイント⑤は日蓮上人立像
「亀山上皇銅像」と並ぶ公園の象徴的な銅像で市指定の文化財です。

IMG_0409IMG_0410IMG_0413

明治37(1904)年の完成で製作を引き受けたのは岡倉天心
目力を感じる像の高さは10.6mで
奈良の大仏、鎌倉の大仏に次いで、国内第三位の巨大な銅像です。

IMG_0408
入口の横にはポイント④の元寇資料館があります。
文永の役・弘安の役と二度に及ぶ蒙古襲来に関する両国の武具や元寇絵などを展示していて
明治37年に現在の東公園の中に元寇記念館としてつくられたとのこと。
昭和61年に改築して、元寇史料館として一般公開しているのですが
閲覧は予約制で事前に電話予約が必要だそうです。

 

Posted 2021年01月25日(月) in 未分類.

Comments are closed.