福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


歴史を感じる八寺巡りの始まり

IMG_0281IMG_0283
黒門川通りの道沿いにあるポイント②浄慶寺に到着!
真宗大谷派の寺院です。
山門は建替えられて清々しい雰囲気です。
浄慶寺は、1591年に豊後国大友家家臣の大塚右京により
現在の福岡市西区今津に建立されたことに始まる寺院です。
1649年に現在の唐人町に移ったとのことですが
立派な松は当時からのものでしょうか。

IMG_0284

IMG_0285IMG_0286
少し先にあるのがポイント③妙法寺
通り沿いに山門があって仁王様が堂々としています。
こちらでは、寺院としての施設を生かして
コンサートや英会話教室、茶道教室なども開いていて地域交流も盛んなようです。
妙法寺は筑前福岡藩二代藩主黒田忠之公より拝受された日蓮宗のお寺です。
山号は啓運山、寺号は妙法寺。
「啓運山」は、運を啓くという意味があり
商売繁盛を願う博多の人々も多いようです。
こちらのお寺では境内でゲンジボタルの繁殖に取り組んでいるようで
寺院の中の小川には毎夏ホタルが舞うそうです。

IMG_0292
裏側の素敵な石畳みの先には寺カフェもあるので
夏には、もう一度訪れてみたいです。

黒門川通りから裏の通りに入り、
ポイント④浄土宗鏡智山慈眼院 大佛大圓寺に向かいます。
大圓寺は平安時代中期に早良郡で天台宗として創建され
二代藩主黒田忠之公の時に援助を受け、この地に移転しました。

IMG_0297IMG_0300
こちらの大圓寺は福岡県初の木造五重塔(高さ26.52m)として、
平成7年(1995年)に建立されましたが
あいにくと改修工事中で見ることができませんでした。
本堂の向こうに一番上の部分が少し見えました。

八寺巡りはまだまだ続きます・・・

Posted 2020年12月14日(月) in 未分類.

Comments are closed.