福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


「うさぎのおんがえし」興徳寺

明治通り沿いにあるポイント①「興徳寺」に到着しました。
案内を見ると文応元年(1260年)に時の鎮西探題である北条時定が建立して
文永7年(1270年)に南浦紹明(大応国師)が開山した臨済宗大徳寺派の禅寺です。

IMG_1310IMG_1318
右手には博多塀

IMG_1312IMG_1314IMG_1325
案内にあるように、興徳寺には「うさぎのおんがえし」という伝説も残されていて
そういえば、姪浜駅の南口には、
この伝説にちなんだ巨大なウサギのモニュメントがありましたね。

IMG_1315
山門の扁額には「海晏山」

IMG_1320
こちらが本堂
境内は手入れが行き届いてとても清々しい雰囲気です。

IMG_1323
本堂前の大楠

本堂に向かって左手の池の奥に坂道があって
そこを登って行くとまだまだ境内が続いていて
そこに、開山大應国師の墓碑もあるのですが
今回は断念しました。すいません~

寺蔵の「絹本着色大応国師像」は国指定の重要文化財で
毎年11月29日の開山忌にのみ本堂にかけられるそうです。
必見ですね~

興徳寺を後にして
ポイント②唐津街道に向かいます。

Posted 2020年10月20日(火) in 未分類.

Comments are closed.