福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


九州オルレ宗像大島コースを歩く

「オルレ」は韓国・済州島で始まったもので、
もともとは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味らしいです。
最近では、トレッキング(登山ではなくて、無理して登らない山歩き)をする人が増えてきて「オルレ」はトレッキングコースの総称として呼ばれるようになったそうです。
九州オルレは、済州オルレの姉妹版になりますね~。

なんといっても、オルレの魅力は、自然を感じながら
自分のペースでゆっくりとコースを楽しめるところですね。
今回は、福岡県内で最大の島を巡る宗像大島コースを歩きます。

大島まではフェリーになりますが
離島の航路にしては、かなり賑わっています。
世界遺産「宗像・沖ノ島と関連遺産群」が認定されて
構成要素の一つとして注目されているからでしょうか?

25分の航路ですが、船は割と揺れます。
大島に到着してまずは島の裏側へ。

IMG_3719
かわいい風車も!ゆっくりですが風が吹くたびにまわっていました。

IMG_3717
風車の周囲はススキがたくさん。秋らしさを感じるのどかな休日でした。
今回歩いた宗像大島は
福岡からだと日帰りで気軽に行ける場所ですよ~。
スタッフfkでした~。

Posted 2019年11月29日(金) in 未分類.

Comments are closed.