福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


Archive for 2020年09月30日(水)

名島は歴史の博物館

IMG_1286IMG_1287

名島海岸を歩くと気持ちいいですね。
すぐに次のポイント5名島神社の鳥居が見えてきます。
ポイントの6名島城址公園でひと休みして
海べりのポイント6は帆柱石です。

IMG_1279IMG_1282

帆柱石はカシ属の木の幹の化石らしいのですが
これ!というほどには近づけませんでした。

IMG_1291IMG_1292

帆柱石もそうでしたが、
ほかにも神功皇后にまつわる伝説が残されているようです。
IMG_1288IMG_1294IMG_1293
名島海岸の電柱にはいろんな歴史のエピソードが貼られていて
一つひとつ見て歩くのも一興ですね。
IMG_1289
趣のあるお堂もあります。
夢野久作も歩いたのでしょうか

名島海岸大いに満喫しました。
IMG_1301
帰り道は名島弁天橋を通りますが
向こうに見えるのは香椎かもめ大橋です。
海が反射していい雰囲気です。

最後はポイントの6貝塚公園を通って貝塚駅に到着です。
こちらは交通公園になっているので
貴重な機関車や、飛行機も展示されていて
マニアの方にはたまらないんじゃないでしょうか。
ゴーカートの貸出し(小学生くらいまでです)とコース上には信号機があって
交通ルールが学べるようになっています。
この日は時間も遅かったので閉まっていました。残念~

寄り道をしたので約2時間のシーサイドコースになりました
おつかれさまでした~。

待望の海!

岩見重太郎通りを後にして
次にあるのが、ポイントの2「名島水上飛行場跡の碑」です。
こちらはリンドバーグ通りですね~
IMG_1267
IMG_1268
1931年(昭和6年)9月17日に世界一周中のリンドバーグ夫妻を乗せた
シリウス号が来訪した。というのも知りませんでしたが
多々良川河口付近に水上機専用の飛行場があったということにもびっくりです。

IMG_1277
歩いて行くとついに海が見えてきました。
名島海岸に到着です。
IMG_1271
ポイントの3「リンドバーグ飛来記念写真パネル」です。
現在の海岸と比べてみると面白いですね。
IMG_1274
IMG_1275
IMG_1276

ポイント1のポイントは「岩見重太郎」

ちょっと道が狭くなってきますが
公園が見えてきました。
ポイントの1「岩見重太郎誕生の碑」に到着です。

岩見重太郎といえばヒヒ退治が有名ですが
名島で誕生したとは知りませんでした。
(知ってました?)

IMG_1254
こちらが由緒書き『剣豪「岩見重太郎」について』
IMG_1256
右に石碑もあります。
IMG_1261
石碑がある広場の奥には観音様のお堂があって
横には、石碑が並んでいました。
ちょうど曼殊沙華が咲いていて、いい雰囲気です。

IMG_1259
角にはとても大きな樹があって、石碑も建っているようです。
IMG_1266
龕塔碑(がんとうひ)の文字がうっすらと見えます。
龕塔とは断崖や大岩を削って造られた仏像を納める厨子の事なのだそうで
IMG_1262
説明版を読むと、どうもこちらの広場はお寺の跡だそうです。
IMG_1263
IMG_1265
大きな樹はムクノキの保存樹でした
ムクノキは初め見たような・・・

潮風が心地いい「名島シーサイドコース」

この頃は昼間もずいぶんと過ごしやすくなり
朝夕の涼しさを感じることも多くなりました。
ウォーキングにはちょうどいい季節!ということで
今月は全長約5.5kmのロングコース「名島シーサイドコース」をウォーキングしました。

この名島から多々良浜の一帯は
古くから地政学的に重要な浜であったらしく
歴史にもふれあえた楽しいコースでした。
風が強い日でしたが、汗をかいた体にとても心地いいウォーキングになりました。

スタートは貝塚駅です
でも、とても見ておきたい場所があったので
コースを外れてちょっと寄り道をしてみました。

IMG_1239

実は貝塚駅近くの地蔵松原地区に元寇防塁があったそうで
とても見たかったのですが
どうやら工事で撤去されたらしく
立ち入り禁止になっていました。残念でした~。

IMG_1241
IMG_1244
でも、再び貝塚駅に戻る道で地下鉄の車両が地上を走っているのが確認できました。
実は地下鉄で地上に出るポイントが2カ所あって
それが姪浜駅と貝塚駅なのでした。
乗り入れ駅ということで地上にある貝塚駅ならではの光景ですが
この付近には立派な松が多いですね~
そういえば、ひとつ前の箱崎九大前駅のマークにも松が使われていますね。

IMG_1246
IMG_1252
スタートしてどんどん歩くと、多々良川にかかる名島橋を渡りますが
横から見ると名島橋、多々良川鉄橋、名島川橋梁、多々良川橋梁と面白い構図を見ることができます。
名島橋は昭和8年(1933)にできた7連の鉄筋コンクリートアーチ橋で隅々にレトロな雰囲気を感じます。
もっと古いのが大正12年(1923)に竣工した名島川橋梁で
こちらもアーチ橋になっています。
IMG_1253
名島橋のすぐ上流にある多々良川橋梁は鉄橋ですが、このポイントは
鉄道ファンにはたまらない魅力なのだそうです。

次はポイントの1をレポートしますよ~。