福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


Archive for 2019年11月29日(金)

九重登山でゴリラに遭遇!?

先日の立石山で設立された登山メンバーで
今度は九州を代表する山・九重に行ってきました。
第二回なのにいきなりハードな山ですが・・・元気出していきましょう!

福岡市内から車を走らせて、まずは長者原ビジターセンターへ。
そこから久住山を目指してひたすら登っていきます。
IMG_3443

はじめのうちは「ススキがきれいだね〜」なんて言いながら楽しんでいましたが、
登るにつれて植物が減っていき、気がつくとそこらじゅう岩だらけ!
まるで別の惑星に降り立った心地でした・・・。

数々の岩場を超えていき、ついに標高1,786mの久住山山頂へ到着!
もうへとへとでしたが、やっぱりこの達成感はたまりませんね。
見渡す限りの岩場ですが、かっこいいものです。
IMG_3480

そうそう、途中で意外なお友達に出くわしましたよ。
この岩・・・何かに似てませんか?
IMG_3503

ゴリラの横顔に見えるでしょう??
こちら「猿岩」と呼ばれ、登山家たちに親しまれているそうですよ。
このゴリラも九重の絶景に見とれて佇んでいたのでしょうか。
私もまたこのゴリラくんと一緒に山々を眺めたいものです。
スタッフfkでした!!

おまけ:登山帰りは久住名物ソフトクリームに舌鼓!
IMG_3560

絶景スポット「立石山」

山歩きをに興味をもったメンバーが集まって
のんびりと登山を楽しんでいます。
ふだんではチョット出会えないような風景の中に入り込んで
山の空気でリフレッシュできますよ~。

のびり、ゆる~くということで、
今回はインスタ映えスポットとして人気の糸島へ行ってきました。
糸島は海に囲まれた半島でいろんな名所がありますが
糸島を一望出来る絶景スポットの「立石山」に上ることにしました。
標高200メートル程の低い山なので、お手軽に楽しめます。

まずは、福岡市地下鉄とJR筑肥線に乗って筑前前原駅まで。
バスに乗り換えて立石山南登山口まで徒歩で約45分(2.4キロメートル)。
南登山口から立石山頂までは徒歩約20分です。
山というより小高い丘のような感じの場所です。
1時間もかからずに登れますが、
名前の通り岩がごろごろと立っているので結構疲れます。

0FC01F08-346B-4B0E-915A-2B38B08ED917
「立石山」は、実は山頂よりも道中に、幾つも絶景スポットがあるようです。
こちらが、北側の絶景ポイント。
糸島半島の西海岸が一気に見渡せます。

D870AA58-BFC3-48BC-B6CC-E4B5E71F9853
山頂でホットサンドをつくりました。
絶景を眺めながらいただくのは最高です。

すいませ~ん
スタッフfkでした。

九州オルレ宗像大島コースを歩く

「オルレ」は韓国・済州島で始まったもので、
もともとは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味らしいです。
最近では、トレッキング(登山ではなくて、無理して登らない山歩き)をする人が増えてきて「オルレ」はトレッキングコースの総称として呼ばれるようになったそうです。
九州オルレは、済州オルレの姉妹版になりますね~。

なんといっても、オルレの魅力は、自然を感じながら
自分のペースでゆっくりとコースを楽しめるところですね。
今回は、福岡県内で最大の島を巡る宗像大島コースを歩きます。

大島まではフェリーになりますが
離島の航路にしては、かなり賑わっています。
世界遺産「宗像・沖ノ島と関連遺産群」が認定されて
構成要素の一つとして注目されているからでしょうか?

25分の航路ですが、船は割と揺れます。
大島に到着してまずは島の裏側へ。

IMG_3719
かわいい風車も!ゆっくりですが風が吹くたびにまわっていました。

IMG_3717
風車の周囲はススキがたくさん。秋らしさを感じるのどかな休日でした。
今回歩いた宗像大島は
福岡からだと日帰りで気軽に行ける場所ですよ~。
スタッフfkでした~。

航空ファン?

福岡市地下鉄に乗って福岡空港駅までお出かけしました。
ちょうどいい時間が空いたので
気になっていた、航空ファンの方に有名な撮影スポットに行ってみました。

航空ファンにもタイプがいろいろあるようですが
共通しているのは、旅行そのものよりも、
乗る便や機材が気になるとか
機種とか国名コードとかに詳しいことでしょうか。

航空ファンの中では、福岡空港は九州の空の玄関口として
40社近い航空会社が乗り入れているので
次から次に飛行機がやって来て退屈させないらしいです。
空港と言えば、通常は市街地から離れた場所にあるのですが
福岡空港は市内から近くて
見学には理想的な立地にあるのが特徴です。

184AA9EC-60C4-4AA5-BBC7-CA61F0A68AC6
着陸寸前の飛行機をかなり近くで見ることができるスポットで撮影してみました。
私のように、時間が空いたのでちょっと見てみようか、しかもスマホではなくて
ちゃんとしたカメラを持った
航空ファンの方が沢山いらっしゃいました。
たしかに、真上近くを飛ぶのでスリル抜群です。
スタッフfkでした。