福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


Archive for 2019年05月22日(水)

そら豆さんお待たせしました~

GWに何しよう・・・
遊ぶ?旅行する?家でダラダラ過ごすとかでしょうか
でも、ワタシの場合は、なんといってもソラマメなのです!
は?
実は、知り合いのお宅でずっと成長を見守って
ず~っと心待ちにしてきたそら豆を収穫しました。

7bdbe6b0e413ed635c1784c457817d76_s
みなさんはそら豆の花をご存知でしょうか?
収穫までの間、薄紫色の花を咲かせて楽しませてくれます。
花の開花後に、約1ヶ月から~40日ほどで収穫できるそうです。
ソラマメのサヤは、空を見上げるように着いています。
このサヤの着くカタチから
「ソラマメ(空豆)」と呼ばれるそうです。

11E678F6-9052-4F50-A2D3-EA85297D9D1A165F7206-E520-4422-99CC-44DD4BA61CF0
こちらが収穫後のそら豆です。
そら豆のサヤの中は
ふかふかのベッドのようになっているのをご存知でしょうか
ワタシは知りませんでした!

363F2137-D488-4575-BE5C-319372671C6B
いっしょにイチゴも収穫してみました!

ちなみに、マメ類の収穫後は鮮度が早く落ちてしまいますので
すぐに調理して食べましょう。
塩ゆで、ソラマメご飯、素揚げ
旬のソラマメを素早くいただく!
それだけで止まらない美味しさなのです。

またもすいませ~ん
スタッフNDでした。

糸島の海の幸、山の幸

新鮮な海のパワーを感じたい!
ということで、糸島に行ってきました。

福岡の近くで食材の宝庫といえば糸島です。
新鮮な海の幸・山の幸が豊富な糸島には
いろんな産直市場がありますが
今回行ったのは、実は、地元の人も訪れるほどの
穴場なのだそうです。

なにより新鮮さが自慢デス!ということで
一番の人気は魚介類。
ですが、ほかにも野菜や果物、糸島牛や糸島豚
ハムや花もありますね~
飲食のエリアがあって
こちらも人気で売り切れ次第終了とのこと。

dav
ワタシはサザエ目的で
こちらをゲットしました。
現在砂抜き中です…

でも、一日置いてずっと眺めていたら
海の生物に弱いワタシに情が移ったようで
全部、家族に持っていかれました・・・
でも、ワタシには新鮮なスナップエンドウがあります。

nfd
こちらでも、充分、山のパワーを感じます!
すいませ~ん
美味しくいただきました。
スタッフOTでした。

タケノコの里へ

毎年GWには、知り合いのお家にタケノコ採りのお手伝いに行きます。
お家はタケノコの専業農家ではないので
旬の時期には敷地内の竹林にどんどんタケノコが顔を出して
放っておけば、やっかいな竹やぶが広がるばかりなのだそうです。

でも、今年は出てくる量が少ないということで安心していたのですが
いきなり、「たけのこ採りに行こう」ということになり
リュックを背負わされて山に出かけてきました。

cof
とはいえ、ごらんのとおりの結構な斜面なので
タケノコ採りは重労働です。

dav
約一時間で収穫したのはこれくらい。
タケノコは4月のひと月で全体の8割程度が地中から芽吹くらしく
この時期は少ないですね~

タケノコは芽を出して、日光を浴びた瞬間に
エグミが出てくるそうで
日の光を浴びずに収穫したタケノコは甘みが強く、エグミが少ないそうです。

いまからアク抜きをして
今日はタケノコの炊き込みご飯です。
ワタシにはこれで十分なのです
今からとても楽しみにしています。
スタッフOTでした。

福岡市植物園に行ってきました。

サブウェイダイエットをかねて
福岡市動植物園に行ってきました。
福岡市地下鉄薬院大通駅(動植物園口)から歩いて約15分ほどです。
動植物園ですが、今回は植物園が目的です。

image1
ちょうどツツジの季節で
色んな花が咲き乱れてますが
個人的に興味がある温室方面に・・・

image3
来ました!まずは「大鳳竜」
柱サボテンの一種で、2メートルくらいになるそうですが
コンパクトに植えられていました。

ヒカゲヘゴ
ヒカゲヘゴ
ヘゴ科の常緑シダ植物で巨大なシダらしいです。
なんでも、ヤンバル(沖縄本島の北部地域)の山地の谷間などには
大きなヒカゲヘゴが自生していて、
熱帯のジャングルのようだそうです。

ヒスイカズラ
ヒスイカズラ
フィリピンのルソン島に自生する熱帯のつる性植物。
バナナみたいですが、このヒスイ色の部分が花なのだそうで
ちゃんと花言葉もあって「私を忘れないで」ですが
この色は絶対に忘れそうにないですね。

image4
ファレノプシス
聞いたことがなかったのですが、見たとおりの胡蝶蘭です。
学名で「Phalaenopsis」と表記されるそうです。
ギリシャ語のファライノ(phalaina:蛾)とオプシス(opsis:~のような)という
単語が組み合わさってできているそうです。
日本での胡蝶蘭は、蝶というくらいで
花弁を蝶の休んでいる姿に例えられますが
この姿を蛾に見立ててファレノプシスと名づけられたそうです。

以前にも何回か行ったことはあったのですが
もっぱら動物園で植物園は毎回スルーしていました。
が、今までのスルーを後悔するくらい、
いい感じの場所です。スタッフHSでした~