福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


Archive for 2019年04月17日(水)

キツネとイヌとトトロのコラボレーション

わたくしの職場近くにちょっと面白い神社があります。
いつも、お昼のランチに出かけて前を通る時に気になっていました。

cof
由緒書き等が見あたらないので詳細はわからないのですが
こちらの稲荷神社には定番の狐の石像がなくても
燈篭と狛犬はちゃんと揃っていて、しかも年代を感じさせます。

気になったので、少しだけ調べてみました・・・

稲荷神社はみなさんご存知の「お稲荷さん」です。
境内には、狛犬ではなくキツネの像があります。
キツネの神様がいるわけではなくて
キツネが稲荷神社にまつられている神様の使いなのだそうです。
どうやら、動物が何であっても呼び名は狛犬らしく
狐じゃないといけない、ということではないようです。

そういえば、街中のビルに挟まれて神社があるのを見かけますが
こちらのように、赤い鳥居は稲荷神社らしいです。

dav
でも、こちらの神社の一番の面白いところは
塀の上のトトロですね~
バス停には、ちゃんと稲荷前の表示があって時刻表まで揃っています。

時々違う種類のものが置かれていることもありますが
基本は稲荷前で固定されているようです。
今度のサブウェイダイエットの途中にいかがでしょうか?
スタッフOTがお届けしました。

太宰府ふたたび。

太宰府には万葉集の歌碑が27もあるらしいのですが
新元号の「令和」が記されている
万葉集の「梅花の歌三十二首」の序文が記されている
歌碑は存在するのでしょうか?
あれば、ワタシも見に行きたい!

ということで
少しだけ調べてみましたが
現在の太宰府には序文を記した石碑はなさそうです。
でも、「梅花の歌の三十二首」のうち
いくつかの歌は大宰府政庁跡などに
歌碑が設置されているようです。

a0042310_17364515
で、こちらがその中の一首
大宰府政庁跡にある奈良時代の歌人
小野 老(おの の おゆ)の歌碑です。
「あをによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の
薫ふがごとく今さかりなり」(巻3-328)

あおによしは奈良の枕詞というのを思い出しました。
日本最古の歌集・万葉集には
筑紫で詠まれた和歌が約320首あるようで
万葉ファンが全国から訪れるそうです。

太宰府その1

新元号が公表されて以来
どうやら「令和」ゆかりの地として太宰府が沸いているようです。

全国的にも「令和まんじゅう」とか「令和Tシャツ」とか
令和グッズが相次いで登場しているらしいです。
で、この人気に乗り遅れるな、という事で太宰府特集です。

IMG_1267f338204d28c37b8256600fae2238d858_s

太宰府と言えば太宰府天満宮ですが
何故か境内には牛がたくさんいることをご存知でしょうか?
ワタシは見つけられませんでしたが
噂によると、どうも12頭いるらしいですよ~
3F6B7BEE-4287-4C39-B1A2-9D5E1C1952D4745554e3badbb5c86277df4b593902be_s
京都の北野天満宮でも何頭もの牛の像が置かれているように
どうやら天満宮には牛の像がつきもののようです。
菅原道真と牛の逸話は多くあるようで、そこから
牛=天神さまの使いというイメージが定着していったようですね~
598C3868-91FC-4975-B387-5B861C2C5F77cow-547285_1280
他の神社にも牛の像はあるのですが
天満宮では学問の神様というところから
アタマをなでると賢くなると考えられているようです。
ワタシもやりますが、そういえば、頭がよ~く光ってます。

どの牛も表情とか大きさとか個性的な牛たちなので
自分好みの牛を探してみるのも楽しいですよ~

今回は食べないスタッフNDでした。

さくらまつり

桜が満開の時期を迎えました!
個人的には今年は早いな~と思っていたのですが
福岡の桜開花は3/21で
平年よりも2日遅れての開花なのだそうです。

みんなで食べて、飲んで・・・とか
さくらの楽しみ方にはひとりひとりで違う楽しみ方があります。
ということで
ワタシの場合は、某日のお昼ごろに舞鶴公園のお花見に行くことにしました。

dav
桜が満開で青空に映えますね~

dav
こちらは葉と花が同時に咲いていて種類は山桜でしょうか。

cof
で、次の日に今度は福岡城さくらまつりのお知らせを発見!

IMG_0958
夕方だったので空は暗いのですが
人出は多いですね。

どちらかというと
桜よりもいい匂いに引かれますよね~
今回は、食べたいスタッフのNDでした。