福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


Archive for the ‘未分類’ Category

本日、氷はじめました。

厳しい夏の暑さ対策に冷たい飲み物や
熱中症関連の商品を今年はよく見かけます。
子どもの頃の暑い夏には
かき氷を食べて、寒くなるのがお決まりでした。
今年は特に暑いので
子どもの頃のような「氷」の旗がかかった
お店を探してみました。

で、あるところには、あります。

cof
福岡市地下鉄大濠公園駅から徒歩で約1分!
暖簾をくぐると、そこは縁側カフェ
たたずまいがいいですね!

cof
鈴があるので、ならして呼んでくださいね~

dav
こちらがメニューです。

nfd
いちごをいただきましたが
こちらのかき氷は、イチゴの氷にイチゴのシロップという
おもしろいかき氷です。
温かいお茶とお茶請けもありますよ~

cofdav
おもしろいところにあるお店だけど
ずっといたくなるような、とても居心地の良いお店です。

cof
最後にご注意!
こちらは屋外縁側カフェなので
急な雨とか、天気によっては閉店になりますよ~。
それもまた面白い。
スタッフOTでした。

化ケモノ展に行ってきた

東京・池袋のサンシャイン水族館で累計16万人以上の動員を記録した特別展が
初めての外部開催で福岡にやって来る!

コレは見逃せない!しかも生き物!ということで、
福岡市地下鉄で天神までお出かけしました。

image1 (1)
こちらの展覧会は、夏に恒例のこわーい「化け物」(おばけ)ではなくて、「化ケモノ」。
“擬態”をテーマにした生き物の展覧会で
モノによっては、とても可愛いのです。

image2 (1)
まずはこちらのイロカエルアンコウ。
分かりますか?

image4
有名なオニダルマオコゼ。
岩に擬態して、獲物が近づいたらパクっといっちゃうそうです。
すばらしい化けかたです。

image3
次はこちらのスペングラーヤマガメ。
まるで落ち葉の様に姿を隠します。

リアルの擬態はすごいですね~。
生命の神秘を感じますね~。
感動のスタッフHSでした。

家庭菜園続く・・・

初めてのラディッシュ栽培から時が立ちまして
今度は夏の家庭菜園の定番!ミニトマトに挑戦してみました。

ミニトマトはワタシのような初心者でも作りやすい野菜で
さらに、ビタミンCやカロチンやら
リコピンまで、とても栄養豊富なのです。

種から育てたのですが
地植え~水やり~肥料
成長してきたら、今度は支柱立て~誘引
わき芽の摘み取り、受粉ときて3ヶ月。
お待たせしました!
ようやくミニトマトの収穫です。

image1
image2
サラダにしてみました!
赤い色が映えます。

で、お味ですが、皮が硬くて甘みも薄く今一つでした。
原因は、水のやりすぎなのか
プランターの深さが足りなかったのか
わき芽かきのやり方が違っていたのか・・・

さらに挑戦は続きます。
今度はハーブを育てて
摘みたてのフレッシュハーブティーを夢見るHSでした。

ランチのお供に

福岡市地下鉄七隈線の渡辺通駅の近くで
ちょうどランチタイムになったので
以前から看板を見かけて気になっていた
お好み焼き屋さんに行ってきました。

ランチメニューにはいろいろ種類があって迷うのですが
セットにはご飯とおみそ汁がついてきて
どれもボリューム満点な感じです。
モダン焼きを食しましたが
少し辛めのソースで、これがご飯と合いますね。

大満足して外に出てみると
お店の前に猫たちがいっぱい!
まるで招き猫のようでした。

edf
oznor

4DXでトイ・ストーリー4を体感せよ!

以前から楽しみにしていた「4DX」を
マークイズ福岡ももちのユナイテッド・シネマで体感しました。

「4DX」って何?という方には・・・
シーンに合わせて、場内にフラッシュが光り、スモークが噴き出し
水が降り、風が吹きつけ、雷鳴にフラッシュ。
さらに、シートが前後&上下左右に動くというあれです。
「シン・ゴジラ」で噂が話題になった「香り」といえば
ご存知の方もいらっしゃるのではと思います。
マークイズ福岡ももちには福岡市地下鉄「唐人町駅」より徒歩約10分

cof
こちらが、今回の主役「トイ・ストーリー4」

rhdr
霧が出ます!水も出ます!
「4DX」の感想をひと言でいえば
アトラクションに近いですね~

nfd
で、コチラもお楽しみ。
映画鑑賞の後は「お好み焼き」です。

メニューにオチはないのですが、
この日は大雨が降って濡れたままの洋服のところに
4DXでさらに水に濡れてとても寒かったのです。
なので、ホットなメニューを選んでみました。

みなさんも雨と4DXに注意しましょう!
スタッフOTでした。

糸島の「まむし湯」に行ってきました。

糸島のスポットは見逃せない!ということで
スタッフOTがお出かけしてきました。

cof
まむし湯の由来によれば
筑前の湯 神水まむし温泉 伝承名→貴船湯(まむし湯)とややこしいのですが
僧空海(平安時代初期800~840年頃)が諸国行脚の折
この地で、まむしに咬まれ苦しんでいる人を見て霊力により薬水を湧き出させたという。
以来、皮膚炎の緩和や美肌効果を求めて今も県外からの来客が多く訪れているそうです。

cof
駐車場の傍には霊水の汲み場なんかも・・・

cof
どうもここが空海がらみのパワースポットらしい・・・

cof
看板猫の番頭さんが有名らしいのですが
何故か亀もいます。

水脈は背振山系の浮岳になり、地下900mからの湧出水ということで
温泉ではなくて冷泉のわかし湯なので「まむしの湯」という表記になったそうです。
でも、こちらの場合は成分的にどうのこうのより
「弘法大師由来の霊水」であ~る。ということが効能だと思います。

まむしの湯は、北側に玄界灘、南側に十坊山と浮嶽(うきだけ)という
自然に囲まれた糸島二丈にある温泉施設です。
大自然の中にあるので、ゆっくりした時間を過ごすことができるのが
いちばんの効果なのではと思います。

「飾り山」の季節です。

oznor
博多の町のあちらこちらで、長法被姿の男達を目にするようになりました。
長法被は当番法被とも言われていて、山笠期間中の正装だそうです。
長めの法被にステテコと雪駄(または下駄)は
冠婚葬祭をはじめ、知事室や市長室などの公的な場所などでも長法被姿なのです。

cof
cof
で、こちらは、八番山笠の上川端通が独自に建てる飾り山で
「走る飾り山笠」としてもおなじみで
追い山後は、上川端商店街内にある川端ぜんざい広場で約1年間再展示されます。

nor
nor
一昨年は、「スターウォーズ 最後のジェダイ」でしたが
今年の飾り山は、表「神武東征誉(じんむとうせいのほまれ)」
見送りが「三人形(みつにんぎょう)」ですね~。

サブウェイダイエットの途中にあるので
この季節になるといつも楽しみにしています。
スタッフOTでした~。

ハスの花が見ごろです

毎年今頃になると、福岡城跡のお濠にハスの花が咲きます。
スタッフHSはお濠の近くを通るときに気がつく程度ですが
毎年楽しみにしている方もいらっしゃるようです。

ところで、みなさんご存知のレンコンはハスの地下茎ですが
宗教的なシンボルでもあります。
「蓮は泥より出でて泥に染まらず」と言われているように
泥水の中から生まれて、清浄な美しい花を咲かせる姿が
仏の智慧や慈悲の象徴とされているせいなのか
道路のすぐそばなのですが
このあたりは静かで、落ち着いた雰囲気があります。

image1
咲いているのもありますが、まだ咲く前の状態です。

image2
後から知ったのですが、どうやら、ハスの花は
早朝に開いてお昼前に閉じるのだそうです。
これを3日繰り返して花の寿命は終わりらしいのですが
夏場には次から次へに蕾が現れて毎日楽しめますとのこと。
いつも花が咲いているイメージだったのですが
実は寿命は短いのですね。

ちなみに、スイレンというのもありますが
ハスとの違いをご存知でしょうか。
簡単な見分け方は、葉の違いで
スイレンには切れ込みがあって、ハスは丸いままです。
もうひとつは、ハスの葉は水面から上に上がるのですが
スイレンは上がらないそうです。
そういえば、モネの「睡蓮」の葉も上がっていないような気がします・・・

実は、舞鶴公園にはスイレンもあるそうで
けやき通り沿いと明治通り沿いのお濠にも咲いているそうです。
ハスとスイレンの両方を比べながらの
ウォーキングも楽しみです。

ジブリの大博覧会

福岡市博物館で開催中の「ジブリの大博覧会」に行ってきました!
オームが住む“腐海の世界”が圧倒的なスケールで迫りくる!!ということで
ジブリの世界が盛沢山なのですが
残念ながら、ここでの写真はNGです。

image4
image1
ご紹介できるのが少ないのですが
こちらの「ラピュタ」の空飛ぶ巨大な船ととなりのトトロの「ネコバス」には
人が絶えませんね~。
(ちなみに、ネコバス乗れますよ~)

image2
こちらもトトロの1シーンですが、分かりますか~。

お楽しみのグッズのショップには
みんな大好きな、あの、言ってはいけない滅びの呪文グッズや
他にも、スタジオジブリの作品グッズが勢ぞろいしてますよ~。

6/23日までなので
みなさん急いで行きましょう!
呪文Tシャツを購入したスタッフHSでした。

アクアリウムに新入居

どうも、スタッフOTです。
突然ですが、この度、我が家の海水水槽に
新しい仲間を迎え入れることになりました。

oznoroznor
で、こいつです。
え?ハゼじゃんと思われる方もいらっしゃるかと思いますが
ルビーレッドドラゴネット(メス)と言います。
学名:Neosynchiropus sp.
通称:ミヤケテグリsp.
主にセブ島付近でで採集されるネズッポの仲間です。
sp.は種と言う意味のspeciesの省略形で
○○○属の一種のことですよ~。
ご覧の通り、真っ赤に染まる体の色と、黄色い胸鰭(むなびれ)が特徴的で
目を惹くとても美しい色彩をしています。

davdav
入居の日には、我が家の水質に合わせるために
水槽内の水をサイフォンで点滴のようにゆっくりと落としながら水合わせをして
こなれてきたところで、入っていただきました。

ozedf
性懲りもなくと言われそうですが
いろいろありまして
別の新入居も迎え入れることになりました。
こちらは、カリビアンバブルディスクという
カリブ海から来たサンゴです。
カラーは右がイエロー、左がオレンジグリーン。
バブルの由来は触手が泡のように丸い形をしていて
可愛らしい見た目から、とても人気のサンゴです。

充実してきた我が家のアクアリウムですが
実は2~3日前からルビーレッドドラゴネットの姿が見えないのです。
サンゴの間に隠れているのでしょうか。
とても心配しているのですが・・・
(次回に続く・・・)