福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


野焼きの前の平尾台も良き

金曜日の夜、「平尾台に行こう!」と急に思い立って、
翌朝7時台の地下鉄空港線に乗って博多で降り、JR特急で小倉へ向かいました。
特急に乗る前にお弁当も買いました。

遠目ですが駅で買ったかしわめし弁当です

食べたり飲んだりしながら40分程で小倉に到着。
平尾台の最寄り駅まで行く路線に乗り換えて、
駅に降り立ちましたが、2月の野焼きを目前にした今の時期は、
あまり人が来ないようですね…。

とりあえずタクシーに乗って、まずは千仏鍾乳洞を目指します。
千仏鍾乳洞の駐車場でタクシーを降りて5分程歩くと、
休憩所とチケットカウンターがあります。
入洞料を払い、めちゃ寒い中、貸し出されていたサンダルに履き替え、
いよいよ洞窟に入っていきます。

ちょっとこわいけどわくわく感があおられる入口

冒険心を掻き立てられ、洞窟をぐんぐん進んで行きます。

いろんな形に削られた岩

洞窟の中は、外と違って春のように暖かかったです。
ひざ下くらいの深さがある水に浸かりながら、
その日の最深部まで無事に辿り着きました。

サンダル必須エリア

鍾乳洞の後は、タクシーで通ったカルスト台地の間の道を、
ちょっと歩いて戻ってみることにしました。

すすきがふわふわしてました

野焼きを控えた金色の草原、きれいでした~。
人が全く居なくて、良い感じの写真撮り放題です。
そういう意味ではこの時期もなかなか悪くないどころか、むしろ良い。
そして、岩肌がぼこぼこと剥きだしになっているカルスト台地。
自然が作る景色は圧巻でした。

岩の中に人が紛れています

平尾台の自然を満喫した後は、小倉に戻り、
やきうどんを食べたり旦過市場を歩いたりして街を散策しました。
甘いものを求めて入った、小倉の老舗和菓子店が営む喫茶店が
ゆったりした空間でゆっくり休めて、なかなか良かったですよ。
甘味もお食事もあります。

バニラアイスにたっぷりつぶあんをかけたデザート。栗も乗ってます。

平尾台で力を出し切ったので、糖を補給してこの日は小倉を退散しました。
夜の小倉も魅力がいっぱいありそうです。角打ちにも行きたかったのですが。
旦過市場もピークの時間を過ぎてたので、また改めて訪れたいと思います。

(スタッフIM)

スパイスこわい

福岡市内ではかなり有名なスリランカカレーのお店は、
私も大好きで、赤坂の店舗も天神の店舗にもよく食べに行ってます。
(どちらの店舗も地下鉄からのアクセス◎です)
お店の看板メニューのスリランカカレーは、
ライスかビーフンみたいな麺のいずれかを選べますが、
私は麺一筋です。

これもよく知られているかもしれませんが、初期設定がけっこう辛めです。
辛さのオーダー無しで食べた初回以降は、
必ず「辛さ控えめで…」とオーダーしていました。

これはたしか辛さオーダー無しのもの

しかしスパイスってなんだかこわいですね。
汗と涙無しには完食しきれないほど辛くて辛い(ツライ)思いをしたのに
別の日に、またふらりとお店に入ってしまう。
そして回を重ねるごとに、次第に辛さが物足りなくなると
「もっと、もっと辛さを…!」とこちらから欲してしまうようになり、
ついには「普通よりちょい辛め」でオーダーするようになるのです。
なんか絶対脳の依存性に大きく関わる部分を刺激してますよね、スパイス。

友人と食べに行った時の、写真ですぐ伝わる辛みの違いを見てください。
私の方が経験値が高いので、赤い。

手前が「少し辛め」奥が「辛さ控えめ」とオーダーしたもの

ちなみに、セットで出てくるサラダにかけてある、
甘めのドレッシングがめちゃうまいです。
ドレッシング買って帰れますよ。

ほらこんなに違う…

とはいえ、私もまだまだちょい辛で調子に乗ってるひよっこです。
ちょい辛が山で言う3合目くらいだとしたら、
そのはるか頂上に「リアルレッド」と呼ばれる
辛レベルが存在します。
カレー山伏としての修行はまだまだ続きます…

(スタッフIM)

新年初登山は糸島・十坊山へ

あけましておめでとうございます!
昨年すっかり登山にはまってしまいましたスタッフのfkです。

2020年はオリンピックイヤー!
選手たちに負けないように健康にならねば、ということで
家族みんなで登山に行ってまいりました。
今回の山は糸島市の十坊山(“とんぼやま”と読みます)。
福岡県と佐賀県の県境に位置しており、標高は535メートル。
地下鉄から筑肥線の福吉駅まで行けば、
そこから歩いていくこともできますよ!

序盤はこんな感じ。
美しい森の中、遠くに聞こえる鳥たちの声に耳をすませながら
ゆっくりと登っていきます。

1

広い森を抜けると、福岡と佐賀の県境にあたる白木峠に
たどりつきます。
「いよいよ山頂に近づいてきたか」と思ったところで、
この山の見せ場がやってくるのです・・・。

2

ご覧ください、この急勾配!!!!

3

こんな坂道が高さにして約160m、山頂まで続きます。
息も切れ切れにひたすら登り続ける。
「アップアップ」とはまさにこのことでしょうか(笑)
こまめに休憩をとりながら歩を進めます。

しかしどんなものにもゴールはやってくるもの!
20分ほど坂道と激闘した末、ついに山頂へ到着しました!!

4

糸島の絶景が私たちを迎えてくれました!遠くの海まで見渡せます。

5

それからこんなステキなプレゼントも!
これは糸島市の山の頂に置いてある木のペンダント。
登頂した人は誰でも無料でもらえるんです。
知らない誰かをねぎらう気持ちがステキですよね。

6

とてもアスリートとは言えない登山家ですが、
頑張った後のメダルまでいただけて大満足。
2020年の幕開けにふさわしい登山になりました!
今年もいろんな山に登っていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

スタッフfkでした!

初詣2020

2020年になりましたね。
初詣は福岡市東区志賀島にある志賀海神社に行ってきました。
「海神の総本社」「龍の都」と称えられるこの神社には、 綿津見三神が祀られています。
境内の、鹿の角が納められている「鹿角堂」の横には鹿の銅像が建てられています。
神功皇后が鹿狩りをして、その鹿の角を、お堂に奉納したことが起源だそうです。

IMG_20200102_155944 IMG_20200102_155925

神社の守り神である狛犬は姿、形を観察してみると神社ごとに
さまざまな特徴がありますが、志賀海神社の狛犬はなんだかエキゾチックなお顔立ち。
かわいらしさもありますね。境内からの眺めも素晴らしかったです。

IMG_20200102_155457 IMG_20200102_160157

続いて福岡市中央区の西公園にある、
黒田如水と長政を祀る光雲(てるも)神社にも行ってきました。
光雲神社の狛犬は実にユニーク!

IMG_20200102_142827 IMG_20200102_144036

そっぽ向いてる!
狛犬は参道を向いているものがほとんどですが、
あえて参道の反対側を向いている…何か深い意味がありそう…。
ちょこっとネットで調べたところ、境内の外も守るために外側を向いている
という説があるようです。

黒田長政の兜を模した銅像を境内で見ることができますよ。
勝負運をもらえそうですね!
幸運を呼ぶと言われている、ありがたい鈴も授かりました。

IMG_20200102_144851
 IMG_0839

三社目に行く予定でしたが急遽温まりたくなったので、
小戸にあるスーパー銭湯に向かいました。

IMG_20200103_092832
 IMG_20200103_115230

木々に囲まれ広々とした露天風呂で癒され、
館内にある、お寿司も食べられるビュッフェレストランで食事もしました。
お正月に合わせたメニューも用意されていてお寿司に乗ったいくらととびこも、
この時期の特別サービスだったようです。
結局、二社詣でになってしまいましたが、心も体も満たされる1日になりました^^

(スタッフOT)

登山ダイエット(?)in 宝満山

スタッフ登山クラブ、今年最後の活動は
筑紫野市と太宰府市にまたがる宝満山!
地下鉄やJR、西鉄などの交通機関を利用していけちゃう
福岡県民に馴染みの深い山です。

竈門神社を通り抜けていくとスタート地点の登山道があるのですが、
ちょうど紅葉真っ盛りということもあって
ほら、こんなに素敵な写真が撮れましたよ~
houman1

「綺麗だね~」なんて、見とれているのもつかの間!
実はこの山、とんでもない急坂が続くためものすごくキツイんです・・・。
みんなゼイゼイハァハァ言いながら2時間かけて登りました!
houman2

そして、ついに山頂~!
修験道だったこともあって立派なお社もあるんですね。
過酷な山道を登ってきた甲斐がありました!
houman3

さらに、もう一つのお楽しみ♪恒例の山頂メシです。
今日のメニューは、あったかシチューとこんがりホットサンド!
このご褒美があるからこそ頑張って登っちゃうんですよね~。
みんなお腹空いてたからか、ペロリと完食!
houman4houman5

 
「あれ?ダイエットのために登ってるのでは?」
というご意見をいただきそうですが、
今回はガッツリ運動したので見逃してください(笑)
ダイエットの秋・食欲の秋な宝満山でした!

スタッフfk

九州交響楽団「くるみ割り人形」聴きにいってきました!

12月11日、九州交響楽団の定期演奏会を聴きに行ってきました。
会場のアクロス福岡は、地下鉄天神駅から徒歩3分程度。
地下から続く一本道があるので寒い冬は快適なんですよ~!
kyukyo1

今回の曲目はチャイコフスキーの
「交響曲第1番ト短調作品13 冬の日の幻想」と「バレエ音楽 くるみ割り人形 第2幕」。
kyukyo2

第一部の冬の日の幻想は初めて聞く曲でしたが
ロシア音楽らしい軽快で豪快なリズムで終始楽しんで聴けました。

第二部はくるみ割り人形。
テレビやCMなどでよく聴くフレーズがたくさんでてきて
終始ワクワクが止まりませんでした。
金平糖を思わせる音色のチェレスタという珍しい鍵盤楽器にもお目にかかれて満足満足♪

まさしく“ブラボー”なひととき・・・。
クラシック初心者にもぜひオススメしたい演奏会でしたね。

コンサートが終わって会場を出てみると、アクロス1階ロビーでこんなものを見つけましたよ。
kyukyo3

素焼きの人形とほんわりとした照明で表現された「あかり絵」の展示です。
今回はクリスマス仕様ということでこんな可愛い作品も!
kyukyo4

ユーモラスな博多弁と懐かしさで、暖かな気持ちになりました。
年明けも展示を行っているそうなので、ぜひ見に行ってみてください。

スタッフfk

面白いには裏がある

福岡市博物館で開催されていた
浮世絵の展覧会に行ってきました。

「浮世絵」といえば、江戸時代に活躍した写楽や北斎を思い浮かべますが
今回は幕末から明治にかけてユニークな戯画で“奇想”の絵師と呼ばれた
歌川国芳と月岡芳年を中心に紹介する特別展です。

福岡市博物館へは福岡市地下鉄の西新駅から歩いて約15分です。
何故か博物館や美術館に行くと
時間が止まっているような雰囲気を感じますね~。

IMG_20191214_152856
こちらが入口手前の横断幕
「面白いには裏がある」ということで
だまし絵とか、表現の新しさもあるのですが
物語を国芳ならではのイメージで膨らませて描かれています。
背景を知ると、より面白く鑑賞できますよ~
という事なのだと思います。

IMG_20191214_153127
今回の展覧会では全作品撮影OKということなので展示はこんな感じです。
文字もオブジェになっていて、面白いですね~

IMG_20191214_160135
こういった大胆なクローズアップというか
迫力のあるシーンの切り取り方が上手ですね~。

IMG_20191214_163651
もうひとつ特徴は
動物たちを擬人化したユニークなところでしょうか。
画の描写もすごいのですが、これを再現する版画の技術にも驚かされます。

IMG_20191214_164641
で、最後にあるのが再現された「絵草子屋」。
こちらではもう一つの得意分野の戯画が楽しめます。

ちなみに、国芳は大のネコ好きだったそうで
グッズコーナーには猫グッズが揃っていますよ~。
時間を忘れてチェックしてしまいました。
スタッフOTでした。

プランターでホウレンソウを育てる

自分で育てた野菜を使って料理をすればきっと美味しいはず。
採れたての野菜が食べたい!ということで
プランターでできる簡単野菜作りに挑戦しています。

まずは、初心者におすすめの野菜の中から
緑黄色野菜の代表で、ビタミンA、C、カロチン、鉄、カルシウムが豊富で
貧血、高血圧の予防、便秘、肌荒れなどによいとされるホウレンソウと、
いろいろ使えて便利な万能ねぎをタネからまいて育てることにしました。
品種は、深くないプランターでも育てられる「万能小ねぎ」を
ホウレンソウは「次郎丸ホウレンソウ」を選んでみました。

育て方のポイントを見ると、
野菜栽培は日当たりがとても大切な要素らしく不安ですが
ホウレンソウは寒さに強く、日当たりのあまり良くないベランダなどでも丈夫に育ちます。ということで
肥料と水やりに注意しながら育てることにしました。

image3 (1)
image1 (2)
で、こちらが現在のホウレンソウと万能小ねぎ
7~8cmまで育っています。
おおよそ1ヵ月で採れるらしいので
いまからとても楽しみです。
スタッフHSでした。

九重登山でゴリラに遭遇!?

先日の立石山で設立された登山メンバーで
今度は九州を代表する山・九重に行ってきました。
第二回なのにいきなりハードな山ですが・・・元気出していきましょう!

福岡市内から車を走らせて、まずは長者原ビジターセンターへ。
そこから久住山を目指してひたすら登っていきます。
IMG_3443

はじめのうちは「ススキがきれいだね〜」なんて言いながら楽しんでいましたが、
登るにつれて植物が減っていき、気がつくとそこらじゅう岩だらけ!
まるで別の惑星に降り立った心地でした・・・。

数々の岩場を超えていき、ついに標高1,786mの久住山山頂へ到着!
もうへとへとでしたが、やっぱりこの達成感はたまりませんね。
見渡す限りの岩場ですが、かっこいいものです。
IMG_3480

そうそう、途中で意外なお友達に出くわしましたよ。
この岩・・・何かに似てませんか?
IMG_3503

ゴリラの横顔に見えるでしょう??
こちら「猿岩」と呼ばれ、登山家たちに親しまれているそうですよ。
このゴリラも九重の絶景に見とれて佇んでいたのでしょうか。
私もまたこのゴリラくんと一緒に山々を眺めたいものです。
スタッフfkでした!!

おまけ:登山帰りは久住名物ソフトクリームに舌鼓!
IMG_3560

絶景スポット「立石山」

山歩きをに興味をもったメンバーが集まって
のんびりと登山を楽しんでいます。
ふだんではチョット出会えないような風景の中に入り込んで
山の空気でリフレッシュできますよ~。

のびり、ゆる~くということで、
今回はインスタ映えスポットとして人気の糸島へ行ってきました。
糸島は海に囲まれた半島でいろんな名所がありますが
糸島を一望出来る絶景スポットの「立石山」に上ることにしました。
標高200メートル程の低い山なので、お手軽に楽しめます。

まずは、福岡市地下鉄とJR筑肥線に乗って筑前前原駅まで。
バスに乗り換えて立石山南登山口まで徒歩で約45分(2.4キロメートル)。
南登山口から立石山頂までは徒歩約20分です。
山というより小高い丘のような感じの場所です。
1時間もかからずに登れますが、
名前の通り岩がごろごろと立っているので結構疲れます。

0FC01F08-346B-4B0E-915A-2B38B08ED917
「立石山」は、実は山頂よりも道中に、幾つも絶景スポットがあるようです。
こちらが、北側の絶景ポイント。
糸島半島の西海岸が一気に見渡せます。

D870AA58-BFC3-48BC-B6CC-E4B5E71F9853
山頂でホットサンドをつくりました。
絶景を眺めながらいただくのは最高です。

すいませ~ん
スタッフfkでした。


Fatal error: Call to undefined function wp_pagenavi() in /home/sites/heteml/users/s/u/b/subway-diet/web/subway-diet.com/staff_blog/wp-content/themes/subway_v0.1/index.php on line 42