福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


熊本の文豪の住まい

むかし、怪談は読んだことはありますが
ラフカディオ・ハーンが島根県松江から、熊本の第五高等中学校に
英語教師として3年間過ごしたことは知りませんでした。
古き良き日本を愛して、失われつつあった日本の伝統・文化を広く西洋に紹介した
ラフカディオ・ハーンの旧居が残っているそうなので
訪れてみましたが、あいにく時間外で閉まっていました。

IMG-0750
説明を読むと、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が熊本で初の一年を過ごした家で、
元は電車通りに面した現・富士銀行に建っていたものを
昭和35年に保存会の手で蓮政寺公園の一角に移築したものだそうです。
雰囲気ありますね~。

IMG-0751
八雲はこの家に神棚を作ってもらい、毎朝柏手を打って礼拝したあと
人力車で出勤していたそうで
神棚は現在もそのまま残されているらしいですよ~。残念!

庭には四季を感じるようにいろんな種類の庭木が植えられていて
風情を感じますね~。
やはり、日本の家は斯くありたいものです。
スタッフAKでした~。

Posted 2018年04月23日(月) in 未分類.

Comments are closed.