福岡市交通局が届けるサブウェイ・ダイエットの今を配信!!

トップへ戻る


Archive for the ‘未分類’ Category

白い熊で夏を乗り切る

福岡は連日30℃を超える真夏日が続いています。
この暑さはたまらない、ということで
福岡から距離を大きく伸ばして
さらに暑そうな予感の鹿児島で
本場のかき氷、「白くま」を体験してきました!

まずは、天文館にある白くまと言えばこのお店。
白くまと言っても種類がたくさんあるのですが
自家製のミルクにぴったりのあずきをトッピングした
シンプルなミルク金時です。
見ているだけでも涼しくなりませんか。
IMG_0284

まだまだ行けます。
IMG_0550

同じく天文館にあるCafeのデザートメニューにある
しろ熊をマンゴー味にアレンジした黄熊。
大きさが3種類あるのですが
こちらは一番大きいメガ黄熊です。
マンゴーがたくさんトッピングされたうえに
さらにマンゴーソースがかけられています!

この大きさとおいしさで夏を乗り切れそうですか?
大満足のスタッフOTでした。

駅前サラブレッド

スタッフOTです。

みっともないことかもしれませんが
人だかりを見るとつい覗いてみたくなりませんか。
それが有名人だったりすると、自慢したくなるものですよね。

いつものように地下鉄で博多駅に…。
で、人だかりがしていたので見てみると
馬です!しかもサラブレッド!
こんなに近くで見たのは初めてです。
IMG_1647kai

配っていたチラシによると「駅前KEIBA」ということで
ちょうど夏の小倉競馬で誘導馬引退になる「メイショウカイドウ」号と
武 豊騎手との2ショットでした。

某KEIBAファンによれば
「メイショウカイドウ」は史上4頭目の小倉三冠馬で
小倉で無類の強さを見せた馬らしいですよ。
競走馬引退後は小倉競馬場で誘導馬に転向していたのですが
2017年の夏開催をもって引退して、
その後は引き続き小倉競馬場で乗馬訓練馬となる予定だそうです。
ということで、思わず夏の小倉のPRをしてしまいました。

家に飛んできた。

スタッフOです。
昔は自然のままの林が近所にあったせいか、
夏にはカナブンとかトンボとかがよくお家に入ってきていました。
夜はカブトムシやクワガタが網戸に止まっていた記憶があります。

IMG_1636
夏のある日、久しぶりに対面したのは
「コクワガタ」のオスのようです。
近所に森があったのを思い出して、すぐにリリースしました。

IMG_1643
で次の日に、またも「コクワガタ」に対面。
こちらはメスですね。同様にリリースしました。

「コクワガタ」は日本では一番ポピュラーなクワガタらしく
都市部でも見つけることができるそうですが
続けてオスとメスが訪れるのは珍しい体験でした。
調べてみると、野性下でのコクワガタの寿命は1~2年ほどで
飼育では2~3年で、オオクワガタの次に長生きするクワガタらしいですね。
次に来る時には、きっと大きくなった姿を見せてくれるでしょう。

初物に弱いのです。

九州初!とか福岡初とか聞くと行ってみたくなりませんか?
わたしの場合は特にスイーツは見逃せません。

まずは、地下鉄で博多駅へ
老舗のパンケーキ専門店です。
日本には吉祥寺と原宿の東京2店舗で大人気のパンケーキ店、博多で日本3号店となり九州初の店舗です!
本場アメリカと同じオリジナルレシピが再現されているそうです。

^7A7B3B57D77EAD86FD6A4056B507D8B500EE17C3F570CAE216^pimgpsh_fullsize_distr
一番人気の「ダッチベイビー」をいただきました。
サイズは結構大きくて両手サイズなのでシェアすることにしました。

次は天神にある長い名前のお店へ
こちら、銀座で人気のカフェなのだそうで
店内は「白」が基調で明るくお洒落な女性好みの空間。
メニューはご飯系からデザート系まであるのですが、今回はデザートを注文してみました。

^B98AC4D2E338A7055A88F78C6DCF03A2C95EFA21CB96A35F11^pimgpsh_fullsize_distr
ふんわりかわいいシフォンケーキのデザートセット

いやぁ、これでしばらくスイーツ禁止のTGでした。

猫のお皿

タタラ作りという技で作品づくりに挑戦しているスタッフのOです。
第二弾という事で、続・最近の作品を紹介しちゃいます。

IMG_1641
こちらのお皿、猫の専用の食器です。
つまみの部分にポイントをつけていますが
今回は釉薬に凝ってみました。
白色は粉引き風で、無地のは油滴風ですね。

猫のお皿としてだけでなく
ちょっとしたおつまみの入れ物に似合うと思いませんか。
第三弾もあるかもね。OTでした。

大人の夏祭り「Festa di Spumante」

今年も地下鉄天神駅から区役所方面のイベントに行ってきました。
夏の始まりを泡で乾杯!「スパークリングワインの祭典」
いろいろ理由をつけていますが、まぁ酒飲みの言い訳ですね。

開放感がある空の下で、いろんな種類のスパークリングワインが飲めると聞けば
もう行くしかないでしょう!
ちなみに、「スパークリングワイン」は、一般には3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称です。(3気圧以下のものは弱発泡性ワインといいます)。
その中で、おなじみの「シャンパン」はフランスのシャンパーニュ地方でつくられ、
かつフランスのワインの法律に規定された条件を満たしたもののみ名乗ることができる名称なのだそうですね。

で、こちらの三種類を頼んでみました。
IMG_1644

左からフランスのスパークリングブルーとボルドーロゼセック、イタリアのスプマンテ

まだまだいけます。
ドイツのスパークリングワイン
IMG_1645

ちょうどステージショーも始まって、盛り上がったところで
追加のチケットに悩むOTでした。

博多と言えば山笠たい!

博多祇園山笠はよくご存知だと思いますが
まずは、ざっくりとした背景ということで・・・。

博多祇園山笠のお祭りの時期は毎年7月1日から15日の約2週間
飾り山は7月15日午前0時まで14ヶ所で公開されます。

山笠には舁き山と飾り山があって、別の山笠です。
飾り山は、櫛田神社に向いた面が「表」で、裏側を「見送り」といいますね。
「表」は武者もので、「見送り」にはテレビアニメや童話が題材になっていることが多いようです。
どちらも、博多人形師による豪華な人形が飾られていて見事ですね~。
今回はSUBWAY DIETの途中に
飾り山が設置されている場所を巡ってみました。

IMG_0609
まずは、ぜったい見ておきたい、唯一の走る飾り山笠「上川端通」
普段は川端商店街のアーケード内に建てられています。
走る山笠は、追い山ならしと追い山で櫛田入りをします。
IMG_0607
「見送り」はスターウォーズ!BB-8もいます。
「最後のジェダイ」は12月公開予定で先取してますね!

IMG_0595
続いて、こちらが川端中央街の「おんな城主直虎」
大黒流の川端中央街が独自に立てます。
アーケードの中なので、雨のときでもゆっくり観賞できますね。

IMG_0594
さらに、キャナルシティ博多
飾り山の周辺が中央ステージの吹き抜けになっているため、
上からでも左右どちらでも見れます。
ひときわ高さが目立ちます。

image1
ラストの博多駅商店連合会
こちらも、上のベランダから見下ろすこともできるので
いろんな角度から楽しめますよ~。

とても楽しい一日でした。
ということで、次回は全部制覇したいと思うMAでした。

本気の夏野菜

最近は、自宅で野菜をつくろうと考えている方も増えてきていますよね。
とはいっても、自宅のベランダで簡単にとなると、プランターで栽培になるところが普通ですが
畑で本格的な野菜作りに挑戦してみました。

とはいっても、初心者が野菜作りをする時は、育ちやすい種類の野菜を選んで育てることが
上手に収穫までたどり着くコツということなので
まずは5月に植え付けをする育ちやすい野菜を選択してみました。
種類はβカロテンやビタミンC、ビタミンEなどの夏バテを防ぐような栄養素が多く含まれているトマトとナスの本格夏野菜です。
それで、6月初旬現在のトマトとナスがこちら
IMG_1594

IMG_1596

出来の良さに、収穫した後のことに今から悩んでいるスタッフのOでした。

五木でバンジーに挑戦!!

まさかのバンジージャンプを体験してきました。
スタッフNDです。

バンジージャンプを近くの九州でとなると数が少ないのですが
思い切って、西日本唯一の高さ66メートルの橋から飛び降りるブリッジバンジーをセレクトしました。
ちなみに66メートルというのは日本で体験できるバンジージャンプで堂々第2位の高さ!
既に2,000人以上がジャンプしていて、記録を更新中とのこと。

人気の理由はこちら…
^0BC9167462465E25BAB45F34F5C965067E68153BE2F6DEC9B3^pimgpsh_fullsize_distr

川を眼下に周囲の山々の雄大な景色を見ながらのジャンプは気分爽快です。
飛んだ瞬間にもやもやを全部忘れて吸い込まれていくような感覚は病みつきになってしまいそうです。

^8533F41E80CAAB0F90AD6927ED3DCFBCF9563505C229F8C956^pimgpsh_fullsize_distr

所要時間は約1時間でストレスなんて吹き飛びますよ~。

あんまり煙突が高いので…

という歌は知っていましたが、それが筑豊にあった炭鉱の煙突とは知りませんでした。
おなじ県内とはいえ、福岡都市圏と筑豊では文化圏が異なるので
不勉強な私は詳しいことはよく知らないのが正直なところです。
現在の筑豊はボタ山もほとんど姿を消して、生まれ変わりつつあるようです。

いつも前置きが長くてスイマセン。
スタッフのNが訪れたのは、田川市石炭・歴史博物館と屋外にある石炭記念公園です。
博物館にはヤマの絵師と呼ばれた、山本作兵衛のリアルな炭鉱記録画があります。
こちらは写真はNGなので紹介できませんが、たぶん、みなさんもご存知だと思います。

^0210095185D36FD37AF93BEE0CB7AF6994108AA32E794F7662^pimgpsh_fullsize_distr

^BBF1C516B39C6A5742B0A1BE330ABD8DA050AB6CA369208DC2^pimgpsh_fullsize_distr

で、例の二本煙突と旧三井田川鉱業所 伊田坑の第一竪坑櫓(やぐら)はこちら。
二本煙突の周辺はみんなに愛される公園に生まれ変わったようです。